ロードバイク初心者が100km走るまでかけた初期費用を公開

ロードバイク初心者が100km走るまでかけた初期費用を公開します。
ようやくロードバイクでトータル100km走りました。

ここまで初心者として始めた僕ががいくら使ったのか。
これからロードバイクを始めようと思ってる人の準備する費用の参考になると思います。
ここで挙げた費用分準備すればロードバイクを快適に初心者でも始められますよ。
CAAD12

ロードバイク初心者が100km走るまでかけた初期費用を公開

という事で、ロードバイク初心者である僕が100km走るまでかけた初期費用を公開します。
ここを区切りにしたのは、だいたいこのくらいまで乗る時に持ってるものが最初からあるべきという考えからです。

当初の予定では、30万あればロードバイク含めて満足行ける装備が揃うと聞いていましたが、実態はどうだったのでしょう。

まとめたみたらトータル「¥273,724」使っていた

今回どれだけ使ったのかということでトータルすると「¥273,7241」と当初予算であった30万以内でした。

バイクを当初想定していたカーボンのSUPER SIX EVOからCAAD12に変更したことで予算内に収まったようです。
ということで表にしてみました。

なお、表にある「A」「B」「C」は次の通りです。

  • A・・・絶対に必要
  • B・・・最初になくてもいいけど、どこか早めに買うべき
  • C・・・使用環境などによっては不要

と僕がここまで使ってみて判断した結果です。

品目 金額 判定
ロードバイク ¥204,000 A
ヘルメット ¥5,616 A
スタンド ¥1,512 B
ボトルゲージ ¥864 B
防犯登録 ¥500 C
ポーチ ¥2,120 B
携帯空気入れ ¥3,284 B
空気入れ ¥4,147 A
Garmin スピード&ケイデンスセンサー ¥11,130 A
マウントパーツ ¥2,000 C
ワイパー ¥710 B
メンテナンスキット ¥1,945 B
携帯工具 ¥2,592 B
グローブ ¥2,999 A
サイクルジャージ ¥19,000 A
レーサーパンツ ¥5,400 A
¥3,980 B
自転車カバー ¥1,925 C

ロードバイク始めようと思ってる方、ある程度走れるものを揃えると27万くらい準備すればオッケーということがわかりました。
個別それぞれに紹介していきます。

まずはこれ、ロードバイク(CAAD12) ¥204,000

まぁ、これがないと始まらないですね、ロードバイク。
▼今回僕はキャノンデールのCASD12というロードバイクにしました。
CAAD12
これを選んだ経緯は、ロードバイク初心者がロードバイクを買うまでのまとめ記事をかいてますので、よかったらどうぞ、

https://www.jn1msd.net/lifeisrun/archives/2016-085/

でCAAD12のお値段ですが、「¥204,000」です。

頭を守ろう、ヘルメット ¥5,616

転倒した際などに頭を守ってもらうためのヘルメット。
これもないとダメですね。
▼こちら、ロードバイクと合わせた色を購入しました。
ヘルメット
お値段、「¥5,616」です。
僕が選んだのはMサイズです。

安全にロードバイクに乗るためにも、ロードバイク購入と同時がいいですね。

メンテナンスするのに大事、スタンド ¥1,512

我が家はベランダ置きというのもあって最初にスタンドを買いました。
▼こんな感じに後輪を支えます。
スタンド
ベランダ置きでなくてもチェーンの掃除とかメンテナンスするのにないと苦労します。
なので買っておきましょう。

お値段「¥1,512」でした。

あると助かる最初のボトルゲージ ¥864

距離が短い場合はいらないですが、10kmを超えるような距離を走るようになってくるとペットボトルでもいいので持っておく必要あります。

▼最初のうちはペットボトルの飲み物を持って走るという場合は、今回買ったようなサイズ調整できるやつがいいです。
ボトルゲージ
今はこんな感じで工具が入ってますが。
という事で最初のボトルゲージ、「¥864」です。

念のための防犯登録 ¥500

どうするか少し悩んだんですが。
安心のためのという事で登録しました。
こちらのお値段「¥500」。

荷物入れるのに助かるポーチ ¥2,120

▼今でも携帯やら小銭入れやら放り込んで走ってます。
ポーチ
ちょっとしたスペースなのですが便利ですよ。

こちらは「¥2,120」。

チューブ買う前に買った携帯空気入れ ¥3,284

形から入る人なのです。
という事で携帯用空気入れ。

パンクだけはして欲しくないなぁと今でも思ってます。

近くにパンクを修理できるようなお店があるコースを走らないのであればこれと、チューブを持っておくのが大事ですね。
こちらは「¥3,284」。

これがないと大変 空気入れ ¥4,147

実はすぐには買わず、何回かはショップに行って入れさせてもらってました。

でも朝早くとかに出るならそうもいかないですし、空気くらいは自分でやっぱり入れないとなんで。
そんな空気入れのレビュー記事はこちらになります。

https://www.jn1msd.net/lifeisrun/archives/2016-172/

空気入れ

ちなみに、お値段は「\4,147」となります(購入当時価格)。

やっぱりサイコン必要だよねという事で買ったGarmin スピード&ケイデンスセンサー ¥11,130

iPhoneでもスピード位まではいけるのかな。
やっぱり自分がどれ位のスピードで走っていてどの位ペダル回せてるかは知りたいですよね。
僕はランニングで使っていたGARMIN ForeAthlete 620を使えたのでセンサーだけ。
ケイデンスセット
それでもお値段「¥11,130」。
いいお値段します。

ケイデンスセンサーは取り付けとペアリングにすこしコツが入ります。
ケイデンスセンサーのレビュー記事はこちら。

Garmin ForeAthlete 620Jをロードバイクのサイコンとして使うための必要なものや手順、困ったことを大公開 これよめばすぐにサイコンとして620が使える
サイコンにGarmin ForeAthlete 620Jを使うことにしました。 ようやく走り始めたロードバイク。 走るからには、 どのくらいはしったか? の記録をみたいですし、残したいですよね。 ということで今回は、ラン …

ロードバイクにGARMIN ForeAthlete 620をマウントするパーツ ¥2,000

最初はランニング同様、腕につけて走ったのですが、まぁ見にくい。
という事でバイクへのマウントキット買いました。
バイクマウントキット
バイクへの取り付け方とかすごく簡単。

Garmin Bike Mount Kitを購入してForeAthlete 620Jを安定してバイクに固定する


こちらのお値段「¥2,000」。

Garmin(ガーミン) ハンドルバーマウントブラケット 1102900
いいよねっと
売り上げランキング: 91,355

ノーブランドとかだともう少し安いのがありそうです。

メンテナンスのためのワイパー ¥710

そこまで細かいメンテナンスはできてないですが、チェーンを拭いたり、バイク自体を拭いたり。
なんだかんだと使うことがあります。

Webで調べて評判が良かったこちらを使っています。

お値段「¥710 」。

とりあえず使えそうなメンテナンスキット ¥1,945

チェーンくらいは自分で清掃しようとかったメンテナンスキット。
まだ大丈夫かなと思っていますが、次のライドの後にはやろうと思っています。

こちらお値段「¥1,945」。

とりあえず買った携帯工具 ¥2,592

今のところライド中に何かしらのメンテナンスをしなければいけない状況に出くわしてはないのですが。
今後のことを考えて購入しておきました。

こちらお値段「¥2,592」。

TOPEAK(トピーク) Hexus II
TOPEAK(トピーク) Hexus II

posted with amazlet at 16.07.10
TOPEAK(トピーク) (2011-11-16)
売り上げランキング: 709

これが意外と便利 グローブ ¥2,999

最初はサッカーで使っていた手袋を使っていました。

でもある程度の距離になってくるとシフターに手を置いている部分が痛くなります。

その辺の負荷を軽減してくれるのがロードバイクようのグローブ。
グローブ
今回は特価というものあってお値段「¥2,999」

形も大事 サイクルジャージ ¥19,000

最初はいらいないと思っていたサイクルジャージ。
やっぱりつかってみたら便利でした。
サイクルジャージについて語った記事はこちら。

ロードバイクを始めたばかりだからこそサイクルジャージを着よう

これは最初から買っておくべきだと思います。
今回僕が買ったのはシンプルなデザインをもとめて選んだRapha
Rapha サイクルジャージ
こちらお値段「¥19,000」。

ようやくはいて走ったサイクルパンツ ¥5,400

100kmまでは使わなかったのですが、やっぱりサイクルジャージを着る以上、サイクルパンツもあったほうが格好が様になるなと。
そんなレーサーパンツのよさをかいた記事はこちら。

ロードバイク初心者は早くレーサーパンツ(ビブショーツ)を履いて乗るべし

今回はお値段「¥5,400」。

まだあまり活躍してない鍵二つ ¥3,980

そうそうロードバイクを置いて離れて活動するような場所になかなか行っていないので、まだ活躍の場が少ないです。
でもこれはもっておいて損はないと思います。

僕は二つ買っていて、合計で「¥3,980」になってます。

一つは長めのもの。

Cannondale(キャノンデール) ナムロック2 3JL01/BLK
Cannondale(キャノンデール)
売り上げランキング: 107,065

もう一つは簡単に切れないものです。

室外おきなら買っておこう、自転車カバー ¥1,925

我が家は外置きなので、カバーをしてないと雨にやられます。
ということで買ったのがドッペルギャンガーのカバー

ドッペルギャンガー 自転車用カバー ロードバイク外置きなら買っておいて損はしない


しっかりしているので雨風防ぐのに大活躍です。

こちらお値段は¥1,925でした。

さて、これだけのものを入手していたのですが、総額いくらになったのか。