SoundPEATSのQ12を使ってみたのでQY8と比較レビュー

SoundPEATSのQ12をランニングで使ってみたのでQY8と比較しながらのレビュー記事です。

Q12はコスト的にはよいイヤホンですし、QY8と比べるて装着感もよくランニングなどにつかうならよいイヤホンだと思います。

SoundPEATSのQ12を使ってみたのでQY8と比較レビュー

SoundPEATSのQ12をランニングで使ってみました。
MM100、QY8に続いて3個目のBluetoothイヤホンです。

今回Q12を購入したした二つの理由

今回Q12を購入した理由は二つの理由からです。

QY8 をなくしたと思った

これが1番の理由なんですが、QY8をなくしたと思ってました。
通勤で使っているのですが、オフィスに入るときには外してポケットに入れてます。

それが見つからなかったので、「あっ、なくした!」と思ってました。

そしたら快い人が拾ってくれていたようで自分の先までの導線で見つけました。

iPhoneとの相性確認

QY8がなのか、iOSなのかわかりませんがBluetoothイヤホンとの接続がよくありません

http://www.jn1msd.net/lifeisrun/archives/2016-404/

QY8なのかiPhoneなのか切り分けできればいいなという思いもあってQY8が見つかったのですがキャンセルせずに使ってみることにしました。

Q12とはどんな製品なのか?

さて、SoundPEATSのQ12とはどんな製品なんでしょうか?
今回はAmazonの製品紹介ページからです。

【軽量でネックレスのようなデザイン】 イヤホンの背中部分に磁石を内蔵しているため、使用しない時は左右のイヤホン同士を磁力で固定することができます。 15gの超計量設計で持ち運びも容易、左右を固定するとネックレスのように、アクセサリー感覚で首に掛けることもできるブルートゥース イヤホンです。

引用元:SoundPEATS Bluetooth イヤホン 高音質 apt-Xコーデック採用 防汗防滴 スポーツ仕様 外れにくい Bluetooth ヘッドホン ハンズフリー通話 CVC6.0ノイズキャンセリング ワイヤレス イヤホン [メーカー直販/1年保証付] Q12 ブラック

かるいですね。
僕の使っているQY8が16.4gなんで、ただその差1.4g。

【高音質なapt-Xとノイズキャンセルを搭載】 最新技術のBluetooth4.1で低消費電力、高音質コーデックのapt-Xで、音楽をより美しく忠実に再生できます。 CSR(R)社のCVC6.0 ノイズキャンセル機能を搭載し、クリアな通話を実現。音質は高音域と低音域を控えめにし、中音域を重視したチューニングです。

引用元:SoundPEATS Bluetooth イヤホン 高音質 apt-Xコーデック採用 防汗防滴 スポーツ仕様 外れにくい Bluetooth ヘッドホン ハンズフリー通話 CVC6.0ノイズキャンセリング ワイヤレス イヤホン [メーカー直販/1年保証付] Q12 ブラック

音にはあまり詳しくないですし、Bluetoothであるということもあるのですが、それなりに良さそうです。

【大容量のバッテリー】 1回の充電はわずか2時間、最大6時間の連続音楽再生、180時間の待ち受けが可能です。通勤通学にご使用いただいても、充分なスタミナを確保。バッテリー不足を心配せず、長時間安心してご使用いただけます。iOS機器(Apple社製品、iPhoneやiPad、iPodなど)では、バッテリー残量も確認できます。

引用元:SoundPEATS Bluetooth イヤホン 高音質 apt-Xコーデック採用 防汗防滴 スポーツ仕様 外れにくい Bluetooth ヘッドホン ハンズフリー通話 CVC6.0ノイズキャンセリング ワイヤレス イヤホン [メーカー直販/1年保証付] Q12 ブラック

QY8だと音楽再生時間は5時間なので若干Q12に分がありますね。

これがsoundPEATSのQ12だ

▼今回はAmazonです。
Amazonの箱
▼開けてみると随分な緩衝材の中にsoundPEATSのQ12が入ってます。
緩衝材のほうが多い
▼外箱は割と小さいです。
外箱表
▼外箱の裏側に稼働時間やバッテリー容量などの簡単な説明が書いてあります。
外箱裏
▼箱から出してみました。
Q12箱の中身
中に入っていたのは、

  • 説明書
  • 充電用のUSBケーブル
  • カバーとイヤホン

です。

カバーが付いているのは中々いいですね。

▼カバーを開けると中からイヤホンといくつかのパーツが出てきます。
カバーをあけてみたところ
イヤホンは磁石で片側がくっつくようになってます。
パーツはサイズが異なるイヤーピースとイヤーフックです。

僕は最初から付いていたので大丈夫でしたが、人によってはこの付いているパーツでちょうどよいのに切り替える必要があるかもしれません。

▼耳にかけてみたところ。
装着した状態
わりとしっかりかかります。

ペアリングも簡単

ペアリングはQY8と同様で電源ボタンの長押しです。
▼iPhoneに表示されたらタップして、

▼完了です。

ペアリング自体はこの後特に問題がありませんでした。
どうやらQY8とiPhoneの相性がよくないようです。
ただQ12は、ランニングで使っただけなのでもう少し様子見が必要かも。

音はどうなの?

音はどうなのでしょうか?

普段使っているQY8に比べると高音が強く、シャリシャリした感じです。
僕としては全体フラットに聞こえるQY8の方が音は好きです。

装着感は?

装着感は悪くないです。
うまく耳にかける仕組みができていて、走っていても気にならないですし、外れそうと思う事もありませんでした。

その点ではQY8より装着感はよいです。

操作感は?

操作感のどうなのでしょうか?

これは慣れの問題でしょうが、僕はダメでした。

操作ボタンが独立してイヤホンケーブルの途中にあるのですが、ボタンの位置がよくわからないのです。
後、そのボタンの位置が自分にはあってないようです。
僕自身165cmと平均身長からすると小柄なので、位置が合わないのかもしれません。

全体としての評価は?

全体としての評価としては、コストから見れば悪くないです。
ランニングなんかに使うにはもってこいだと思います。

操作性や音質からすると僕はQY8の方が好きなのでQY8をオススメします。

Q12がほしくなった方はこちらからどうそ

僕がお勧めするQY8の記事はこちらです

http://www.jn1msd.net/lifeisrun/archives/2016-217/

http://www.jn1msd.net/lifeisrun/archives/2016-132/

QY8はこちらからどうぞ