DPP(Digital Photo Professional)4 CanonのRAW現像ツール これもこれで使いやすい

Lightroomの記事を書きましたが、
私は普段はCanonのDPP、Digital Photo Professional、
と呼ばれるものを使っています。

Ligtroomの記事はこちら。

RAW現像にLightroomを試してみる 〜実践編〜

もくじ(クリックするとジャンプします)

純正ならではの親和性

http://cweb.canon.jp/eos/software/dpp4.html

カメラを出しているメーカーのものですから
当然親和性も高いです。

またバージョン4から機能も大幅に増えています。
今までできなかった色相系の操作もできるように。

機能的にはLightroomと同じものがあるようです。

画面的にはこんな感じ。
以前のバージョンより使いやすくなっています。
スクリーンショット 2015-09-26 13.28.23スクリーンショット 2015-09-26 13.28.28

ということでこちらも色をくっくりさせる作業を
Lightroomで使った写真をつかってやってみました。
IMG_3103_dpp
一応こちらがオリジナル。
IMG_3103

結構これでもいい感じですね。

初めてならこれで十分

RAW現像をやってみたいけど
どうしたらいいいかわからない。
最初から有料のソフトを使うのは無駄になるのが嫌だ。

なんて思っている人にはDPPを使って
まずはやり方を覚えて見るのがいいでしょう。

カメラに関してはこんな記事も書いてます。

RAW現像にLightroomを試してみる 〜実践編〜

EOS 70Dを買ったよ、そしてEOSリモートは一人でいるときの撮影に便利!

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM〜望遠と通常の2本を1本でまかなえるヤツがオススメです〜