出店でよく食べたラスポテトを自宅で作るレシピと上手につくるたった2つのコツを紹介

出店でよく食べたラスポテト。
そのラスポテトをを自宅で作ってみたのでレシピとラスポテトを上手につくるたった2つのコツを公開です。
初回僕はちょっと失敗しちゃいましたけど、最後に紹介するポイントを抑えれば大丈夫。

出店でよく食べたラスポテトを自宅で作るレシピと上手につくるたった2つのコツを紹介

出店でよく食べたラスポテトを自宅で作るレシピを公開です。

ラスポテトについて簡単に説明を。

ラスポテト(オランダ語: Raspatat 、ラスパタート)は、オランダ発祥のジャガイモ料理で、フライドポテトの一種。名称のラス(ras)は、ポテト粉末(ポテトグラニュールス)やポテトフレークを製造するオランダ企業リクソナ社(Rixona B. V. 、2004年よりジャガイモ加工品総合企業アビコ(Aviko B. V.)・グループ傘下)の商標名で、オランダ語で「民族、血族、仲間」などを意味する。パタート(patat)はオランダ語でフライドポテトのこと。

引用元:ラスポテト – Wikipedia

ポテトの粉末で作るフライドポテトですね。
だからあの柔らかい食感なんですね。

今回自宅で作ろうと思ったきっかけ

今回自宅で作ってみようと思ったきっかけは、2016年の夏休み旅行
その時、ハウステンボスでランチに利用したハーバータウンにある、「シーフードワーフ・ダム」。
ここで食べたポテトが「あれっ?これよくお祭りの出店で食べたや作ってだ」と思ったからです。

ハウステンボスで佐世保バーガー食べるなら「シーフードワーフ・ダム」へ行こう

それから調べてみると、「ラスポテト」という事がわかりました。
さらに調べてみると材料が販売されてるではないですか。
これは、作るしかないという事で、今回自宅で作ってみたのです。

ラスポテト一式はAmazonで購入だ

という事先ずはラスポテトを作るのに必要なものを購入です。

▲先ずはラスポテトの粉。
▲そしてマッシャー。
Webで色々調べるとマッシャーなくてもできるとあります。
でも失敗の確率を下げるのであればマッシャーはあった方がいいです。
ということで今回はラスポテトの素とマッシャーを一緒に注文しました。

ラスポテト作成 開封その1
▲ラスポテトの素。
これで1kg、20人前あります。
ラスポテトの作り方
▲中には丁寧に作り方が同封されてます。
これはありがたいですね。
スポテトの作り方 マッシャーなし
▲マッシャーなしの作り方も説明あります。
ここに書いて有りますが、水加減がポイントなんだそうです。
個人的にはこういのは分量通りにやるのが上手く行く1番のポイントだと思っているので、微妙な加減が難しいと思います。
これがマッシャー購入を勧めるポイントです。
マッシャーその1
▲続いてマッシャーです。
マッシャーその2
▲思ってたよりも大きくて重いです。

ラスポテトだけに使うなら、、かなり場所取りますので覚悟を(笑)。
白いプラスチックのものがラスポテトを作る時に使うやつです。

早速ラスポテトを作る

材料が揃った所で早速作りたい所ですが、ちょっとした準備が入ります。

前準備として水を冷やしておく

このブログ読んだ方は、すぐに作りたいならこの前準備をやっておきましょうね。

先ずは必要となる水を冷やしておく。

ラスポテトを作るには冷たい水が必要です。

ラスポテトの粉100gに対して200ccです。

冷たい水でないと上手く固まらないようです。
忘れずに準備しましょう。

ラスポテトの材料

▼という事でラスポテトの材料です。
ラスポテト 材料一式

材料 分量
ラスポテトの素 100g
冷たい水 200cc

たったこれだけです。
作られているものの原料を知ると、「あ、こんなもんなのか」と思うことありますよね。

こういうのは分量をきっちり計るのが大事です。
ラスポテト 計量
▲なのでラスポテトの素はきっちりはかります。

ラスポテトの作り方

それではきっちり材料も計ったところで、ラスポテトを作っていきます。

ラスポテトのタネを作る その1
大きめのボウルに冷たくした水を入れる
ラスポテトを作るのに必要な水 分量
▲準備した冷たい水をかき混ぜられる大きさのボウルに入れます
ラスポテトのタネを作る その2
ラスポテトの素を投入
ラスポテトの粉と水を混ぜたところ
▲先ほどのボウルに計量したラスポテトの素を投入します。
ラスポテトのタネを作る その3
ひたすらかき混ぜる
ラスポテトを作るために混ぜる
▲固まらないじゃんと思っても大丈夫。
しばらくしたら固まりますので手を止めずにひたすらかき混ぜて下さい。
固まってくるとちょっと混ぜるのがしんどくなりますが、そこも頑張って混ぜます。
ラスポテト 作成過程
▲これで大体3分間くらい混ぜた状態です。
ラスポテトのタネを作る その4
揚げるサイズに合わせ3等分(2等分)する
ラスポテト 作成過程
▲タネが固まったらマッシャーに入れるために小分けにします。
短め(普通サイズ)がいい場合は、3等分に、長いほうがいい場合にはタネを2等分にします。
ラスポテトのタネ完成!

これでタネはできたので、いよいよラスポテトを揚げていきます。

ラスポテトの揚げ方 その1
マッシャーを準備する
マッシャー準備
▲写真ボケてますが、白いプラスチックは少し下に出ています。
この状態が正しいセットです。
ラスポテトの揚げ方 その2
マッシャーにラスポテトのタネを均等に詰める
ラスポテトのタネをマッシャーに詰める
ラスポテトのタネをマッシャーに詰める
▲押し出した時に均等に出てくる表に全体に均等にタネが広がるように押してタネをマッシャーに詰めます。
ラスポテトの揚げ方 その3
油を180℃まで温めておく
油を準備
ラスポテトの揚げ方 その4
マッシャーから油の中にタネを押し出す
ラスポテトを作る
ラスポテトのタネをマッシャーから押し出す
▲静かに上蓋をして、一気にタネを押し出します。
ラスポテトを揚げる
▲時間にして数分、油で揚げます。
この時最初は掻き混ぜないでおきます。
時間が経ってある程度周りに火が通ったらそっとほぐして下さい。

もし最初に油に落とすのが怖ければ、上にあった作り方のように一旦皿などに押し出すのもありです。
最初私もそうしていました。
ただし、その場合には、すぐに押し出したものを油に入れるようにしてください。
時間が経つと暖まって、柔らかくなりくっついてしまいます。

ラスポテト出来上がり
▲その結果、油で揚げる前からくっついているので、こうなります。

▲油に直接入れるとすぐに入れているので多少曲がったりして絡まることはありますが、くっつくことはありません。
ラスポテトの揚げ方 その4
油を切って塩を振る
ポテト自体が揚ると、菜箸などで触った時に少し軽くなるので、そうなったら出来上がりです。
ラスポテト出来上がり
▲取り上げて油を切り、塩を適量ふれば出来上がりです。
完成

外はカリッと中はホクホク

▼料理をした人の特権、出来立てをいただきます。
ラスポテトの出来上がりをつまみ食い
外はカリッとしてて、中はホクホク。
うん、懐かしい味です。
祭りの出店とか、動物園の中で食べた味。

ラスポテトを家で美味しく見栄え良くつくるたった2つのコツ

ラスポテトを家で美味しく見栄え良くつくるコツはたった2つ!

ポイントその1
水が常温だったりすると固まりにくくなると思いますので、水は冷えているものを使う。
ポイントその2
直接マッシャーから油に投入しない場合には、時間が経ったもの同士でくっつくので、必ずタネ一つずつ油で揚げるようにしましょう。

懐かしいと思ったらラスポテトを作ってみよう

今はこんな事しなくても冷凍でフライドポテトできますけどね。
なのであまり見かけなくなったんでしょう。

ラスポテトは、ラスポテトでフライドポテトとは違った食感で好きです。

という事でラスポテトを食べたくなった自分で作ってみましょう。
簡単ですよ。

個別に買うのがめんどくさいとか、まとめて揃えたいという方にはこちらのセットがおすすめ。