ジェスチャーを様々な動作に割り当ててiPhoneの操作を快適にする”Activator” [jailbreak Apps. 無料]

シェアする

2010年にiPhone4を手にしてからこれまでずーっとiPhoneを脱獄して使ってきてます。

今回は様々な動作にアプリケーション実行などを割り当てる”Activator”のご紹介。

*jailbrakはiPhoneのセキュリティ脆弱性を利用するある種危険な行為です。
*何か起こっても自分で解決できるくらいのスキルを持っておかないと最悪はiPhoneが使えなくなります。
*なので当記事を読んでjailbreakする方は自己責任でお願いします。
*jailbreakしたことで何か起こっても私には責任をとれません。

スポンサーリンク

この記事を書いている時点の私の環境

私が実際に使っている環境を書いておきます。

  • iPhone5S
  • iOS8.1.4
  • Activator

    非常に多機能で、様々なiPhoneへのジェスチャーを使ってアプリケーションや操作を行えるようにする優れものです。

    あまりに多機能すぎでほとんと使いこなせてません。

    それでも特定の機能使うだけでも大分はかどります。
    20160107125350

    名前 Activator
    登録先Repository rpetrich
    カテゴリ System
    有料/無料 無料(2016年01月時点)

    確か昔は別の所だったような。。
    調べたのですが、見つけられす。

    いろいろなテストが行われているので色々と改良が加えれれています。
    またjailbreakができるようになってからずーっと続いているいきの長いアプリでもあります。

    これを使うとできること

    iPhoneに対するジェスチャーに対して何らかの動作を割り当てるってことができます。

    その中にはTouch IDへの操作も含まれていたりします。
    これがActivatorの多機能の1つですね。

    あまりにも多機能すぎで画面キャプチャを載せると大変なんで一部だけ、ご紹介。
    ▼これが最初の画面
    20160107130557
    ここでどのタイミングでジェスチャーを利用するかを決めます。

    ▼選んだあとのジェスチャー選択画面。
    2016010713060320160107130607
    ここでどのジェスチャーを使うか選択。

    ▼珍しいものでは充電なん項目もあります(ジェスチャーじゃないけど)
    20160107130645
    ▼選択したジェスチャーにどの機能を割り当てるか。
    20160107131039

    システムからアプリケーションまで多種多様です。

    僕自身は次のようなことをやっています。

  • ステータスバーを左から右にスワイプしたらスクリーンショットを撮る
  • ステータスバーを2回タップしたらBluetoothの接続/切断を選択できるようにする
  • アプリケーション起動中にTouch IDを1回触ったらアプリを終了してホーム画面に戻る
  • 通常だとスクリーンショットを撮るには電源ボタンとホームボタンを押す必要があるんですが、Activatorを使うと、このようにアクション1つだけだで実現できちゃいます。

    要は手間を省けるってことですね。

    使う時に気をつけるべきこと

    あまり色々やりすぎるとジェスチャーがかぶって本来使いたい機能ができなかったりする場合があります。

    使いすぎには注意しましょう。

    ホーム画面にアイコンもできるし設定画面からも行ける

    ▼インストールするとホーム画面にアイコンができます。
    20160107131722

    ▼設定画面にもメニューができます。
    20160107130551

    こんな人にオススメ

  • 長持ちさせたいのでボタンのへたりを減らしたいけどAssistiveTouhは嫌だ
  • 手間な動作を極力簡単にしたい
  • そんな人で脱獄をしているなら是非”Activtor”を使いましょう。
    きっと楽しくなります。

    スポンサーリンク
    広告