薄くて軽いモバイルモニターならEVC-1302がオススメ

PC作業時に画面が広いと情報量が増えるため、作業がはかどります。
なのでオフィスや自宅の作業環境はモニターを追加して作業している人も多いのではないでしょうか。

そんな人がふと困るのが出先でや出張先で作業する時。

「もうひとつモニターがあればはかどるのに」

なんて思うことありませんか?

「でもモニター持ち歩くと重いよね」

となって躊躇してる人、薄くて軽いモバイルモニターが実はあるのです。

薄くて軽いモバイルモニターならEVC-1302がオススメ

出先のカフェとか出張先での作業でもPCのモニター以外に、もう一つモニターがほいし人にオススメのモニターがあります。
それが今回紹介するEVC-1302のモバイルモニターです。

薄くて軽いので持ち運んでいても負担になりません。
出先でモニター使いたい人に是非オススメしたいモバイルモニターです。

EVC-1302のスペック

そんな軽くて薄いEVC-1302のスペックを紹介します。

重さ: 492g
画面サイズ: 13.3インチ(16:9)
解像度: 1920*1080

これをみてもらえれば軽いのが分かると思います。
わずか492g。
500mlのペットボトルを持ち歩くくらいになります。

▼こちらがEVC-1302の外箱です。

箱はシンプルですね。

▼EVC-1302本体。

カバーもついてるのでありがたいですね。
▼本体を取り除くとその下に同梱物があります。

同梱物内容

  • 説明書
  • HDMI-ミニHDMIケーブル
  • USB-Cケーブル
  • USB-A – USB-Cケーブル
  • ACアダプター
  • ディスプレイクリーナー

特徴的なのはHDMIがミニHDMIになっている事です。
また、USB-Cケーブルもディスプレイ信号を送れるよう、オルタネートモード対応になっています。

オルタネートモードとは?
USBケーブルないの余ったエリアを使って他の通信を行える機能。
2020年01月時点では、ディスプレイ信号とThunderbolt3が使われています。
オルタネートモードは接続機器での対応が必要となります。
2020年01月に販売されているMacやWindowsPCは大丈夫です。

実際にEVC-1302を使ってみてわかったメリット・デメリット

EVC-1302を実際に使ってみました。
▼使う際にはカバーをこのように折ってスタンドにします。

最初このスタンドの形にするのが難しかったです。
説明書にも書いてはなく、Webで他に使っている人のを探してみたりして、何とかできるように。

ちょっと難しかったところ
カバーのスタンドの作り方が慣れないと難しい
▼実際にWindows端末に繋いでみましまた。

使っているPCやMacの横に置くので、普通のディスプレイに比べて視認性や姿勢は少し悪くなります。
とはいえ、画面領域が増えるのは、ありがたいですね。

画面も綺麗で申し分ないです。
これがあれば出先でも2画面で広いスペースを使って作業することができますね。

EVC-1302は接続性に多少の不便は感じるが軽さを求めるならオススメ

接続ケーブルがHDMIの場合は、ミニHDMIなのと、オルタネートモード対応のUSB-Cなので今まで持ってたものとかを使えなかったりと少しの不便さを感じるかもしれません。

ただ、持ち運びにするにしても軽いのと、出先でも2画面使えるという点の方が勝るので、どこでも2画面使いたいならオススメです。