クラムシェルモード運用からおおよそ一ヶ月 自分なりに気づいたこと

自宅にある母艦としているMBPをクラムシェルモードにてしらおおよそ一ヶ月経ちました。
自分なりに感じたことなどをまとめておきます。

もくじ(クリックするとジャンプします)

自分のクラムシェルモード環境

過去の記事にもかいてますが、環境としては以下のとおりです。

  • MBP Mid2009
  • Apple Wireless Keyborad
  • Magic Mouse
  • フリースタイルアクオス
  • この環境でクラムシェルモードにしていて、ソフトとしてInsomnia Xを使って、バッテリーでの運用を可能にさせています。
    できるだけバッテリーで運用をしていて時々電源をつないで充電しては放電を繰り返すような形です。

    やってみてどうだったか

    総論的には満足かなぁという気がしています。
    あまり使う事がなくなったテレビが有効活用できましたし、机の周りを片付けるきっかけにもなりましたし。

    気になってる点はやはりスリープからの復帰ですね。
    明示的に自分でリンゴマークからスリープを選んだ場合の復帰はいいのですが、ほったらかしていてスリープにはいった場合には復帰するのに本体の方からの操作が必要になります。

    一つのコツとしては前の記事にも書きましたが、Insomnia Xの「Disable Lid Sleep」をオフ→オンにするようにしてる位ですかね。

    ということで個人的にはクラムシェルモードはオススメでございます。
    20150401154612