オーディオテクニカ「ATR-2100x-USB」でWeb会議のマイクの質をワンランクあげる

リモート会議をやっていて、相手の声がイマイチだなぁと思うことありませんか?
聞こえづらかったり、こもって聞こえたり。 そして、「自分の声を大丈夫かな?」と思ったりしませんか?

そんな人には、今回紹介する、「ATR-2100x-USB」をオススメします。
私も会社のリモート会議で、自分が話す機会が多い時には、このマイクを使ってます。

オーディオテクニカの「ATR-2100x-USB」はWeb会議のマイクにおすすめ

今回紹介するオーディオテクニカの「ATR-2100x-USB」はWeb会議で使うマイクとしてはオススメのマイクです。

このマイクを使うまでは割と音質として、よいと言われているiPhoneに標準で付いていた事もあったEarPodsのマイクを使っていました。

だた、Web会議で話をすることが増えてきて、相手に声がクリアに届いているのかが気になってきました。

そんな時に昔からのガジェットが好きで色々と試している友人から、お手頃で品質が良いものとしてオススメされたのが、今回のオーディオテクニカ「ATR-2100x-USB」でした。

そんなオーディオテクニカ「ATR-2100x-USB」のスペックはこのようになっています。

形式 ダイナミック型
指向特性 単一指向性
周波数特性 50〜15,000Hz
ビット数 最大24bit
対応サンプリング周波数 44.1kHz/48kHz/96kHz/192kHz
コントールスイッチ USBケーブル/マイクロホンケーブル接続時)
ヘッドホンボリュームコントロール(USBケーブル接続時のみ)
外形寸法 φ51×183mm
質量 約268g
出力コネクター USB Type-C/3ピンXLR-Mタイプ
必要システム仕様 USB 1.0または2.0、64MB RAM以上
対応OS Windows 8.1、Windows 10、Mac OS X以降
ヘッドホン出力 10mW at 16Ω
ヘッドホン出力端子 φ3.5mmステレオミニジャック(USBケーブル接続時のみ)

マイクを選ぶ時に気にした方がいい「形式」と「指向特性」について「ATR-2100x-USB」の採用しているものをベースに少し説明をしておきます。

マイクは、音の振動を広ってそれを電機信号に変えることでPCなどに音を伝えています。
今回紹介する「ATR-2100x-USB」は、振動板に取り付けられたコイルが拾った音を電気信号に変換するダイナミック型と呼ばれる形式になっています。

なので電源とかがなくてもお手軽に使えるマイクになっています。

それとは別の仕組みで、振動版がコンデンサーの電極となり、音を電機信号に変換する仕組みをコンデンサー型とよんでいます。
こちらはミュージシャンのレコーディングとかに使っているマイクと言っておくとわかりやすいでしょうか。

もう一つの「指向特性」について。

ATR-2100x-USB」は特定の方向からの音を捉えやすい「単一指向性」となっています。
そしてどの方向からの音も拾う「無指向性」があります。

Web会議の場合には、PCの画面を見ながら喋るだけなので、音としては一方向からの音を拾えれば十分です。

かつ、接続にも特別な仕組みもいらないんので、今回紹介する「ATR-2100x-USB」と同じく「ダイナミック形式」かつ「単一指向性」のものを選ぶのがよいです。


▲こちらが、「ATR-2100x-USB」です。
割と大きめの箱に入っています。


▲付属品です。
付属品一覧
  • マイクホルダー(ネジ径5/8インチ、ピッチ27山)
  • デスクスタンド(ネジ径5/8インチ、ピッチ27山)
  • 3.0mマイクロホンケーブル(3ピンXLR-Fタイプ – 3ピンXLR-Mタイプ)
  • 2.0mUSBケーブル(USB Type-C – USB Type-C)、
  • 2.0mUSBケーブルUSB Type-A – USB Type-C)
  • 接続方式が複数選べるのはありがたいですね。
    PCとの接続であればUSBになるかと思います。
    PC側はType-A、Type-Cを選択できます。

    ▲マイクの裏側です。
    ここにもイヤホンジャックがあります。
    ここに接続すると自分の喋っている声を聞くことができます。
    私の場合は、会議などで喋る時は煩しくなるので、こちらではなくPC側にイヤホンは接続して自分の声は聞こえないようにしています。
    ▲マイクスタンドを使って利用します。
    これを机の上におくとちょうど高さになります。
    なお、「ATR-2100x-USB」のサイズが少し特殊なようで、このホルダー以外だと使えません。
    ホルダー自体は取り外しができるので、別のマイクスタンドなどで使いたい場合にはマイクホルダーを取り外して使ってください。

    参考にearpodのマイクで喋った時と、ATR-2100x-USBで喋った時の音声を載せておきます。
    声が小さいのでボリュームは調整してください。

    ▲EarPodsのマイクの音声です。
    ▲ATR-2100x-USBを使った音声です。

    ATR-2100x-USBの方が音がクリアなのがわかると思います。

    Web会議などで自分の声をクリアに届けたいならおすすめのマイク

    Web会議で自分が喋ることが多かったり、自分の声をはっきりと相手に届けたいののであれば「ATR-2100x-USB」を使ってみてください。
    イヤホンに付属のマイクとは違った音質になるので、自分の声が相手に聞きやすくなると思います。