【パパご飯】タンドリーチキン 佐々木 俊尚さんの”家めし”風は手軽に作れて美味しい!! 

ソーシャルアイコンの発案者(?)でもあり、
ジャーナリストの佐々木 俊尚さん(@sasakitoshinao)。

このブログでも「家めし」本からのレシピを紹介していますが。
それ以外にもFacebookで奥さんである松尾たいこさんや
佐々木さんご本人がちょくちょく料理を紹介してくれています。

今回はそんなFacebookで紹介されていた中ら
タンドリー・チキンをつくってみました。

もくじ(クリックするとジャンプします)

ポイントは一晩浸け置きすること

材料行ってみましょう。

基本目分量です。
書いてある数値は参考程度に。

  • 鶏もも肉・・・1枚
  • 玉ねぎ・・・中1/2個
  • 生姜(チューブ)・・・3cmくらい
  • ヨーグルト・・・大さじ3-4
  • ターメリク・・・適量
  • チリペッパー・・・適量
  • ガラムマサラ・・・適量
  • 塩・・・少々
  • 佐々木さんのレシピでは後にんにくもいれています。
    もしかしたら子供が食べるかもと思って今回はいれてません。
    あと、生姜はできれば摩り下ろしを。
    私は手を抜いちゃいました・・・。

    もも肉は大きめにぶつ切りです。

    玉ねぎはすりおろしてちょっとだけ汁気を切ります。

    切ったお肉に、各調味料をかけて揉み込みます。
    こんな感じ。
    20150906124629

    でこれを一晩冷蔵庫につけ置きです。

    あとは、オーブンで焼きます。
    オーブンの質によっても時間が違うとおもいます。
    我が家はのは200度で30分くらい焼きました。

    この辺は焼き色のつき方を見ながら調整してください。

    出来上がりはこちら。
    20150910124722

    食べてみた感想など

    チリペッパーを入れすぎたのか、ピリ辛でした。

    後は、ターメリックが多かったのか黄色すぎる?
    こんなものかしら。

    スパイス系はもう少し調整が必要そうです。

    お肉自体はヨーグルトでやわらかくなっていて
    食べやすかったです。

    なんだかんだといって美味しかったので
    しばらく我が家の定番にしたいとおもいます。

    そんな佐々木さんのいえめし本はこちら。
    この本にこのレシピは載っていません。

    いつもの献立がごちそうになる!新・家めしスタイル
    マガジンハウス (2015-06-02)
    売り上げランキング: 71,481