【たすくま】見積もり時間の自分の登録方法 〜記録をとって分析をつかう

今回はたすくまで自分の見積もり時間の登録方法です。

毎日やるものとそうでないものそれぞれ違います。

もくじ(クリックするとジャンプします)

ますば毎日やるもの

このタスクはやればやるほど時間がわかってきます。
なので最低でも5回ほと記録を取ります。
でリピートタスクにしているので、分析して出てきた平均を使います。

ちなみに分析はかくリピートタスクのメニューから選べます。
イチさん(@kumacharo115)のBlogで使い方を知りました。
【たすくま】リピートタスクを分析すると弱点が分かり対策がうてる | さいんぽすと

5回やるのは平日の状況を確認するためです。
つまり、曜日によるムラがないかをおさえるためですね。
土日はまたパターンが変わる事があるので、土日で分けてる場合もあります。

たまにはやるのも

毎日ではないもののそれなりに頻度があるもの。
例えば月、水、金とかだけやるようなやつです。
これは最低1回分繰り返したらその平均を確認します。
なので、例にだした、月・水・金を一度実施したらその平均を使います。

月1回とかのもの

本当に頻度が少ないものは、一回やった実績をそのままつかいます。
こういう作業は忘れやすいのでチェックリストのようなものを別に作っているので、そんなにぶれないので。

たすくまでの自分の見積もりの仕方はこんな感じです。
もっとこうやると効率いいよというのがあったら是非教えてください。
Taskuma — TaskChute for iPhone — 記録からはじめるタスク管理 App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥3,600